ミソラノオト

MENU

つれづれ

満月の影響でもあるのかここ数日
むむ?
と思う出来事が重なっています。

結局、
思い通りの反応をしなかったから、機嫌悪くなったんですよね?
ということ。
しょーもない

でも、こういったパターンは過去数々あって
その度にものすごく気を使ったり傷ついてきたなあ、と思う

もはや、されたことより
それに傷つき怯え、馬鹿のように振る舞って来た自分を思うと
痛い。
その選択をしてきた自分が哀しい。
そのときはそれしかなかったとはいえ、ね

でも私も四十も過ぎ、図太くなったというか
心の整理もつくようになってくると

それはあなたの感情で私には全然関係のないことです
と思えるようになってきた。

以前はそれを
人にそう思わせる嫌な何かが私にあるんだ、とか
嫌な思いの中にも学びが・・とか
ほーんと面倒くさいことを思っていたし、
それが過ぎれば
てめえの機嫌を私にぶつけんな!と
言ってやりたくて仕方ない!なんてこともあったけど
本当はそれすらも必要なんかない。

そんなもん、もらいなさんな、引き取りなさんな、だ。

相手の感情は相手のもの。

それを引き取る必要も振り回される必要もない
傷つく必要なんかまったくない。


でもそれが相手が親だったりすると
ものすごく揺れるし消耗する。

今回の、あれ?なんでそんなこと言われなきゃならないの?
な出来事の
決定打は母でした。


母の言葉、態度。

あー、だからわたし家を出たいと思ってたんだよ、と
30年ぶりぐらいに思い出しました。
これが嫌だったんだよ、負担だったんだよ、と。

母が愛情こめて育ててくれたこともわかっているし
尊敬もしてるし愛してる。
だからこそ、
母の言葉を負担になんて思っちゃダメダメ!と
思っていた頃もあったけど、
やっぱり、いらないものってある。
あってもいいと思う。

私はずっと家族へのドロドロした気持ちがあって、
それに向き合ってるときは
「お母さん、このこと謝ってよ!すごく負担だったんだよ!」
なんて気持ちも有った気がするけど、
このドロドロをどうにか、どうにか、
自分の人生を生きるために、どうにかどうにか、と
いろんな旅をするうちに
なんとか、いろんな気持ちのあっちいったりこっちいったりの糸が
ちょうどいい具合に気持ちを濾してくれるようになって
「愛」の部分だけもらって、あとは、スタジオにお返ししまーす
になってきた

もう、そんなんでいいと思う。

でも、やっぱりちょっと揺れるよね。親問題は。
でも、やっぱり全部を受け取る必要なんかない
泣けたって泣けたって、受け取ることなんかない。

傷つく暇があるなら
もっと可愛がりたいんだよ。自分を。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。