ミソラノオト

MENU

dFRVxIFi6AMjJ941474254108_1474254118.jpg

コンビニで売ってた!

アニメから20年ちかくたってるんじゃなかろうか!?
お仕事で関わった作品なので、
今なおこんな立派な本が出るなんて胸アツ

主人公のコジコジはたしか宇宙生命体だったような。
のんきだけど、すごく哲学的なことをサラリと言う子。
ああ、もう一回読もう。


そういえば最近宇宙づいてます。

あんまり言うと、あらあらどうなすった?になってしまうけど
宇宙っていたるところにあるんだな、と。
外にだって、自分ん中にだって。
お寺だってその装置だ。
ものすごくわかりやすくて親切で優しい装置だ

こういう感覚は子どもの頃は普通にあったのに
随分ないがしろにしてた気がします。
だから
「知る」というより「思い出す」感じ。
やっとやっと
「安心して当たり前に見てていい」感じ

なんだろうかね。これもこの時の流れなのかしらね


この前会ったチャネラーさんに
「あなたは宇宙人だから、苦労したね」
と言われて、
ああ、なるほど、と思ったけど
でも、みんな宇宙人なんだろうとも思う。

見えてるものを
そのまま言葉にするのはまだ怖くてもどかしい。

だからとりあえず
コジコジでも読もう

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。